075-611-3223
ブログ

Blogブログ

髪の毛がパサパサ、白髪も気になる。30代になったら髪の毛が白髪になる理由とは?

嫌われ者の白髪とは?

白髪はメラニン色素を作り出すメラノサイトの機能のが正常に機能しなくなり白髪になります。

髪の毛はもともと白色っでメラニンが髪の中に入り着色することで黒髪になりますが、白髪にはメラニンが入らないため空洞ができ髪の毛が乾燥し、パサパサ髪になります。

では30代の白髪のパサパサ髪の原因や対策を紹介しますね! 



白髪の原因

30代パサパサ髪の原因

白髪のパサパサ髪の対策

まとめ


白髪の原因
加齢
自然老化現象ですが、白髪が出てくる年齢は個人差が大きく一概に何歳から増えるとはい言い切れないですが、平均的に30代後半~50代あたりから増えて来る人が多いと言われています。


白髪は人間の肉体にとって自然な加齢現象のひとつだと言えます。

遺伝的
白髪になりやすい人となりにくい人がいます。遺伝的な要因ともいわれています。

ストレス
精神的なストレスや無理なダイエットによる精神的なストレスや肉体的ストレスが白髪の原因にまなります。


30代パサパサ髪の原因
髪の毛は約80%のタンパク質・約10%水分・約5%脂質でできています。残りのわずかがメラニン色素でできています。メラニン色素が、メラニンホールに入り、着色して黒色になるはずが、色素形成細胞が突然死んでしまったり休止したり、加齢により毛根の色素形成細胞が死んでしまった結果。髪の毛のメラニンホールは空洞のままになり水分や油分が逃げやすく乾燥してパサつく原因になります。
 また白髪になると白髪染めを頻繁に繰り返すことによりキューティクルを無理矢理こじ開けることで、水分や油分がなくなり乾燥しパサパサ髪になります。
白髪は水分・油分が逃げやすく、そして白髪染めのダメージの積み重ねによる髪の老化です。
髪の老化がパサパサ髪の原因ですが髪の毛を作る毛母細胞も老化現象により、健康な髪の毛は約80%のタンパク質が老化現象により髪の毛の重要なタンパク質を作る原料を作る機能が衰えて、タンパク質が減少し、髪のハリ・コシがなくなりパサつくようになります。


白髪のパサパサ髪の対策
お家での対策
メラニンホールの空洞から水分・油分を逃げるとパサパサ髪になると老けて見えやすくなるのでしっかりケアしてあげましょう!
シャンプーは刺激の少ない界面活性剤(肌にやさしい界面活性剤については⇒こちら)で頭皮や髪の毛の細胞を壊さないことがパサパサ髪のよぼうにもなります。
トリートメントは5~10分蒸しタオルなどをすることによりより髪の毛の中に浸透ることによりパサつきが抑えられます。
アウトバスは髪の毛にいはヒアルロン酸やセラミド配合などのトリートメントミストや植物オイルで髪の毛を乾かしましょう。



美容室での対策
白髪染めはどうしても髪の毛にダメージになりパサパサ髪になります。薬剤の調合したり前処理や後処理などダメージを最小限に抑えるように考え提案させていただきますので、ぜひしてみてくださいね!

パサパサ髪にはこちらのメニューがおすすめです⇒髪質改善コース

白髪染めにはマニキュアやヘナやトリートメントカラーなどがあるのでメニュー選びもパサパサ髪対策になりますよ!迷ったり分からないことがありましたら聞いて下さいね!


まとめ
白髪は、加齢や遺伝、ストレスが原因です。ストレスのない生活を心がけたりアンチエイジングで白髪予防などをして白髪染めはパサパサ髪の原因にもなるのでしっかり美容師さんと相談しながらメニュー選びをしてくださいね

お家でのヘアケアもパサパサ髪にならないよう毎日の積み重ねが効果的です。


初めまして! ゆるり空 オーナーの いりたにです!
髪の悩みなどがありましたらLINE@や問い合わせからも質問してくださいね!
 またヘアケア方法などLINE@で配信中です ぜひ登録してくだいね

一覧へ戻る

menu

LINEお問い合わせReserveご予約

TOP