075-611-3223
ブログ

Blogブログ

自宅で市販の白髪染めをすると美容院では綺麗に染まらない理由とは

市販のカラー剤と美容院のカラー剤何が違うの?

実は同じ成分ジアミン染料できています

ではどう違うのかを説明しますね!

 


市販の白髪染めと美容院の白染めの違い

自宅で白髪染めするメリット・デメリット

美容院で白髪染めするメリット・デメリット

まとめ





市販の白髪染めと美容院の白髪染めの違い 

ドラッグストアーやネットっで販売されている白髪染めは

美容院と同じアルカリ成分でできている永久染毛剤を使用しているので

髪の毛や頭皮のダメージは少なくとも同じです。

美容院では「自宅で白髪染めは髪が傷むし肌を痛めるので使わないほうが良いですよ」と言っていますが、

同じ永久染毛剤じゃんと思いますが

ドラッグストアーなどで手軽に購入できる白髪染めはとても刺激が強く、

頭皮に与えるダメージが大きいので一度使うだけで、

髪の毛はや頭皮はボロボロになる可能性があります。

髪や肌のことを考えるのでしたら、

トリートメントカラーや一時的に染まる物を使うようにしましょう。

市販や美容室でも使用している成分で 、   特にジアミン系の染料や、

脱色するときの過酸化水素は、どちらも発癌性があると言われています。

肌に直接つくとヒリヒリしたり、熱く感じて炎症の危険もあります。

 美容院で使用しているカラー剤はメーカーや商品それぞれにより分量は様々ですが、

市販の白髪染めはこの毒性のある成分が、

美容院で使用するカラー剤よりもとても高い傾向があります。

だから繰り返す事によりダメージ部分や毛先が黒くなりむらに染まります



市販の白髪染めのメリット・デメリット

メリット
価格が安い

自宅で好きな時間に簡単に好きな色で染めれる

白髪が出てきたらすぐに染めれる


デメリット
頭の後ろが染めれない

むらに染まる

あちこちに飛び散り壁や服について汚してしまい後片付けが大変

顔や首など肌につく危険

髪や頭皮へのダメージが激しい


美容院の白髪染めメリット・デメリット

メリット
白髪をむらなく染めれる

髪質やダメージによって薬剤を調合するのでダメージを最小限に抑えられる

頭皮にべた付けしない染め方も可能

髪の毛が傷みにくくするために前処理をする

カラー後の残留物を除去するのでカラー後もダメージが進み難い

カラー後しっかりシャンプーするので頭皮に残る危険性はない

アルカリ(永久染毛剤)カラー剤の他にマニキュアやヘナなどの種類がある

デメリット
薬剤や技術が高いと費用が高い

予約して行くのがめんどくさい

アルカリ成分のジアミン染料や過酸化水素を使うのでダメージがないわけではない


まとめ
市販と美容院は同じ永久染毛剤の白髪染めですが、どちらも刺激剤のジアミンを使用しています。

自宅で染めると上手に染まらず、回数を重ねると毛先がどんどん黒くなり

美容院で染め直しても綺麗な色には染まりません。

自宅ではできないトリートメントで前処理後処理でダメージを抑えたり、

頭皮に直接付けない塗り方などダメージを抑えることができます。

またアルカリカラー(永久染毛剤)だけでなく色々なヘアカラーがあるのでしっかり美容師と相談しながら、髪や肌のために

美容院でヘアカラーをするのがおすすめです。


ヘアカラーや頭皮の悩みなどがありましたら
LINE@からも質問してくださいね!
 またヘアケア方法などLINE@で配信中です ぜひ登録してくだいね




一覧へ戻る

menu

LINEお問い合わせReserveご予約

TOP